FC2ブログ

コウノトリ

ご存知の方おられますでしょうか?   モーニングに連載中の漫画です。

産婦人科医のお話なんで、前々からいつか読もうと思っていて最近やっと読みました。

妊娠・出産の話なので『関係ないや~』と思われる同年代の方もおられると思います。
でも、お子さんがおられる方なら遠くない将来息子・娘が当事者になるのであれば、こうゆう漫画があることを知っておいていただきたいなと思える内容でした。

一昔前の医療漫画やドラマは『ありえね~~~』と思うものが多かったですが、最近は医療監修も入って頑張っておられるようですが、妙な美談やミステリーを盛り込むとやっぱ『なんじゃそりゃ!!』ってなりますけどね。


でも、このコウノトリはすごいですね。
今はクリニック勤務なので入院や出産はないのですが、昔大きい病院に勤務していたころに実際に経験したことのあるような現実にある内容ばかりで驚きました。
しかもこの漫画家さん自身が産婦人科医なわけではなく、しいて言えば一児の父ということでしか妊娠・出産には関わってはいないであろう人なんです。
でも、医療者ではなくその一般人の観点から普通の妊婦産婦の知識や考えもしっかり描かれていて、久々に感激しました。


医療者側の言いたいことを代弁していることも多く、まだ出産しない若い人にも読んでもらいたい作品です。

妊婦健診の大切さ、妊婦が風疹に罹患した時のリスク、妊娠によって夫婦ともにお互いのフォローが必要なこと、胎児に障害が判明した時の葛藤(漫画内では無脳症児でした)、喫煙のリスク、高校生の妊娠、妊婦の海外旅行のリスク(海外の妊婦医療費は自費になること)、切迫早産の絶対安静の内容(絶対安静まで行くと24時間の点滴・食事も排泄もベット上ですることetc.)、助産院の話などなど。

海外で受診を余儀なくされた時の半端ない請求金額以外は、実際に経験あります。
私がではなく、そうゆう妊婦さんのケアをしたことがありますという意味です。



今回は興味のない方にはどうでもいい話なんですが、私としてはこの漫画はすごくすごくお勧めなのでご紹介させていただきました。

なぜか「モーニング」という男性向けの雑誌に連載されているそうです。
妊娠・出産にかかわるトラブルのお話しなので、お勧めはしますが怖がられても困るんで補足を。

大多数の方が順調な妊娠経過をすごし無事にお子さんを出産するわけですが、残念ながら流産される方も中にはいらっしゃるし、漫画にもあるように様々なトラブル(←この表現は嫌いですが、他のいい言葉が思いつきませんのであしからず…)の当事者になる方も少数ですがいらっしゃいます。

ほとんどの方が無事な出産を迎えるので安心してほしいのですが、『まさか自分が・・・』という事態に自身がならないという保証はどこにもないので頭の片隅にでもこの漫画での話を知っておいて欲しいなと思うしだいでございます。



妊娠・出産は病気ではありません。
切迫流早産の症状がない方を私は「患者さん」とはお呼びしない方針です。 妊婦さん・産婦さんです。
出産も基本的には産婦さんご自身が産むわけで、医療者はあくまでサポートするだけなんです。
医者や助産師が産ませるわけではないという事をご理解いただきたいです。
母になる女性は妊娠経過がすすむとともに実感がわいてくるものですが、男性は病院にかかっていれさえすれば大丈夫と考える方もたまにおられるので、そうゆう方は立会出産で奥様が命がけで出産をしていることを見てもらうのがいいかなと思います。




このあたりで大事な注意ですが、これらは私個人の考え方ですのでね。 その点ご理解くださいね。




今回レンタルしてきて読んだんですが、手元に保存したいなと思うのでこの漫画は久しぶりに購入しようと思います。

私のようなポジションの人間でも泣けるシーンがたくさんありました。
(いや経験者だから泣けるのかもしれませんね)



ちょっと、熱くなって語ってしまいました

食べ物でも読み物でも映画でもそうですが、自分の感想やおもしろかった・美味しかったはお伝えしていますが『勧める』という行為をしたいと思ったのは初めてかもしれません。

喫茶店や散髪屋やどっかの待合でみかけたら、是非ちらっと読んでみて下さいね




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.