FC2ブログ

頑張れています。

期間的には早半月。

実際の勤務回数は数えるほどですが、頑張って?頑張れています。

前回は仕事が大変というよりも、他のスタッフの顔色をうかがうのに精神的につらかった記憶があります。


今の職場は何度も言いますが、本当に本当にみなさんがやさしく接して下さるので、仕事を覚えることだけに集中できる環境だと感謝しています。

このやさしさも、新人だから… というわけでなく、みなさんの元々の性格の良さだと思われます


何人か人がいれば、いい人もいればクセの強い難しい人もいたりするもんですが、なんなんでしょうココは。

奇跡の場所。   と言いたいくらい。


ちょっと終業時間が遅いのが難点ですが、こんな素敵な場所に長く勤められたらいいな と思います。


家族にも負担がかかっているので、慣れてもらう必要がありますが『お母さんも頑張るから、みんなも協力してね』と説得しています。


先日、次男が日曜参観日の代休だった月曜日に勤務でお昼ご飯を申し訳ないけどカップ麺を食べてもらったんですが、帰宅したらカップ麺のゴミが2個

聞くと、お湯を入れてテレビに夢中になり20分放置してしまったとか・・・

火傷されるよりいいけど、お湯を入れればいいはずのカップ麺さえまともに作れないなんて・・・


自分は幼いころから共働きの家庭で育ち、貧乏だったのでおやつがないことも多かったんですが、お出汁にちょろっと醤油を入れて飲んでました (恥ずかしい

かなり早い時期から、そこそこの料理は作れてましたね~。

母親があんまり料理が上手じゃなくって、気にいらないから高校の時は自分で弁当を作ってました。

しかも、実家には電子レンジはなかった

あ~、偉そうに行ったけど、3年生の時の一年間だけかな?
2歳上の姉が卒業して、弁当が必要なのが私だけになったからでした。


夕方には終わる仕事でしたが、パートに出ていた母の大変さがわかってきました。
時すでに遅し… ですけどね。

小学生の子供を残して仕事に行く母は、どれだけ精神をすり減らしたろう・・・と。

雷の怖かった私は、ひどい雷雨の中、家で一人でいるのに耐えられなくなって母の勤める会社に雷雨の中走って行った事を覚えています。
傘に雷が落ちるのでは… と思い、傘もささず。

体調を崩して学校を休んでいる時、寂しくなって母の職場に電話し、その頃よく鼻血を出していた私はその時も電話をしながら鼻血が出てしまい、黒電話の周りは血だらけになっていました。
帰ってきた母は相当おどろいたろうなぁ。

つぶつぶみかんジュースのプルトップ(当時は取れるやつ)に付いたつぶつぶをなめようとして、口を切ってしまいやはり血まみれの畳ができてしまいました。


アホの末っ子は何をするやらわからないもんです。  私は二人姉妹の妹です。

成績の悪さもそうだし、思いもよらないような馬鹿な事をしでかす所も私そっくりの次男。



もちろん長男も思春期だし、色んな心配ごとが多いです。

そんな中、仕事に出る親の気持ち・・・・・。



この年になっても、初体験がい~~~っぱいです。

いくつになっても初めての事はまだまだあるんですよね。

『いい年こいた大人なのに・・・』ではなく、〇〇の一年生。を繰り返し繰り返しやって行くんですね人って。



ひっさしぶりにブログ書いたのに、なんだかクドイ文章になってしまった



とにかく  いい職場に出会えたのは、私の日頃の行いが良いからである




と、思うことにして頑張るのであ~~~る


スポンサーサイト



  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.