FC2ブログ

終業式

次男終業式。
いつもと特に変わりない成績表を持ち帰る。
各教科細かく分けられ◎・〇・△が付けられます。
△が付くのはよっぽどなのか、ほとんどが〇で本人も私も『ふ~~ん』としか言いようのない成績表。
昔のように一喜一憂するようなこともなく、なんだか何も伝わってきません。
もうちょっとメリハリのある成績表の構成にして欲しいものです。

長男は先週終業式でした。
学年の最後のみ五段階評価が付いていました。
『これこれ、親として見る甲斐があるのは…』とわくわくじっくり眺めます。
ありがたいことに得意教科は『5』が付いていますが、テストでは『偏差値ってこんな数字あるんだ』というほどの点数を取っていた英語が『4』。
『2』でもおかしくないと思ってたのに『3』でもなく、『4』が付いてるって
なんだかこの成績表の信憑性がなくなった気がします。
運動部なのに体育が『3』ってのが彼らしいというのが、ほんのちょっと信頼できるところです。


中学生の母一年生ももうすぐ進級ですが、まだまだ初体験はあるようです。
この成績表から親は何を感じればいいのか…。
もちろん褒めるべきところは褒めましたよ
子育てはいくつになっても新しいことだらけです。

次男の成績表・・・  褒める所を見つけるのも一苦労
どうにか探し当て、五年生も終わっちゃったね…なんて話します。
六年生が卒業してから、登校班でも代理班長をしています。
春からはいよいよ最終学年で、班長さんです。
一年生を連れて登校する責任について、春休みにしっかり話合おうと思います。


いよいよ軟禁・昼食作り地獄の始まりです
熱帯魚の水替え掃除を一緒にするはずだった次男。
友達に誘われて出かけ、さっそく約束を反故に・・・
スイミングの時間までには帰ってくる約束の時間も30分遅れてギリギリに帰ってくる始末
さっそく春の嵐が吹き荒れたのは言うまでもありません

    

                                    実際にはハリケーンでした







スポンサーサイト



  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.