FC2ブログ

「ビター・ブラッド」雫井脩介

  「ビター・ブラッド」 雫井脩介 幻冬舎文庫

             クリックするとAmazonへワープします。


 【ストーリー】
新人刑事の佐原夏輝がはじめての現場でコンビを組まされたのは、ベテラン刑事で、少年時代に別離した実の父親・島尾明村だった。
ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部は内部の犯行を疑い、その矛先は明村にも向かう。夏輝は単独で事件の核心に迫ろうとするが……。
幾重にも絡み合った因縁が読者を欺き続ける傑作長編ミステリー。



 【感想】
この本を選んだのはこの作家の雫井 脩介さん「火の粉」を以前読んでおもしろかったから。
他に劇場型ハードボイルドの「犯人に告ぐ」やラブストーリーの「クローズドノート」を書いた人です。
この「ビター・ブラッド」は私はあまり手を出さない刑事モノでしたが、この方が書いたなら…と興味を持ちました。
冒頭から登場人物がたくさん出てきてちょっと大変でした。
刑事にはそれぞれの特徴から付いたニックネームがありました。追跡が得意なチェイサー、体臭のきついスカンク、そして主人公の父親はジャケットプレーが派手でオシャレ?なジェントル。これは登場人物を把握するには良かったです。
ただ、コミカルにしたいのかな?という観がありすぎて、本格派の刑事ものを期待していたなら肩透かしを食らうかもしれません。
私は「犯人は誰だろう」というワクワクを期待していたので、なんだか本質をずらされているようであまりおもしろくありませんでした。
親子の関係と刑事物推理の両方を兼ねたかったのかもしれませんが、どちらもが中途半端に終わったかな…と。
良く言えば、軽く読めるのだと思います。
















 【注意】
ぶばんだむの読書感想文は主観的な感想であり、書籍を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてお読み下さい。



 
  
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.