FC2ブログ

「19歳 一家四人惨殺犯の告白」永瀬隼介

「19歳 一家四人惨殺犯の告白 永瀬隼介 角川文庫
             クリックするとAmazonへワープします。


 【ストーリー】
92年、千葉県市川市でひと晩に一家四人が惨殺される事件が発生。現行犯で逮捕されたのは、19歳の少年だった。殺人を「鰻を捌くより簡単」と嘯くこの男は、どのようにして凶行へと走ったのが? 初年の生い立ち、事件までの道のりを、面会と書簡を通じて丹念に辿る著者。そこで見えた荒涼たある少年の心の闇とは…。人間存在の極北に迫った、衝撃の事件ノンフィクション!


 【感想】
実際にあった凶悪事件のノンフィクションですので、犯人の異常性などでこの手の話がダメな方は気分を悪くするかもしれません。
世の中にはいろんな人がいる。良い人悪い人、そのどちらでもない人。誰一人として同じ人間はいないのだから家を一歩出たら、どこにどんな人がいるのかわからない世界なのだから、この犯人のような人間が自分の身近にいないとも限らない。
そう考えると怖い気もしますが、現実に起こった話を知るのもアリかなと思います。
実際に被害にあわれた方がいらっしゃるので、これ以上のコメントは避けますが、こんな犯人と同じ時間を生きている… なんだか恐ろしいです。













 【注意】
ぶばんだむの読書感想文は主観的な感想であり、書籍を客観的に評価するものではありません。あくまでも一つの参考としてお読み下さい。




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.