FC2ブログ

悪の教典

観てきましたぜ    「悪の教典」      (ネタバレあるかも)

  20121015_3180761_convert_20121115055800 600.345


感想は・・・  Excellent !

原作本は Magnificent! だったので、いささか落ちるという事です。


5時間あればきっと完璧な作品ができたと思います。

あの内容を~序章~があったとはいえ、すべてを表現するのは難しいかと・・・。

原作本を読んでから映画を観ると「はしょりすぎ~~~」となるパターンがよくあります。
何百ページもの内容を二時間の作品に作り上げるにはそもそも無理があると思っています。


で、結論というか感想ですが面白かったんですよ
ただ「原作読んでない人には登場人物の背景までわからないだろうし、楽しめてんのか?」という疑問が時々わいてきてしまいました。

最後の学校でのシーンはあまりにもパタパタ殺していくのですが、早すぎる
ためらいもなく殺していくという意味ではokですが、それにしても・・・。


要所要所でハスミンの過去が見え隠れするシーンも盛り込まれてはいるものの、やはり原作完読ありきのような気がしてやみません。


学祭の教室も「実際ここまで高校生はしないだろ~」と突っ込みを入れたくなるほど手の込んだセットでした。

登場人物は保健の先生以外は違和感なく溶け込んでいたので、すばらしかったですよ

あと槙矢先輩も出てたな~ ハスミンの父親役。
槙矢先輩とは「山口馬木也」という芸名で俳優をされている方で高校の先輩なんです
しかも同じ部活 といっても副業的に入っていて活動は年数回の園芸部です
みんなメインの部活動は他にあるのですが、顧問の先生をしたって「花壇の植え替え時だけ集まって植え替えを手伝う」という活動をしていたので、先輩方は三年になって遊び半分で入部されたので会話はしたことないんですけどね
名簿上は同時期に同じ部に所属していたという事になるのであります。

余談が長くなりました



ハスミンも不思議な存在感ですね。

個人的には原作になかった柴原先生(山田孝之)のドラミングが好きですな。
褒められてジュース代を生徒にあげるってのが、単細胞の柴原らしいな…と。



期待が強すぎたのと、圧倒的に時間が足りないのが残念ってことで88


最後に「to be continued・・・」とあったのが気になります。



「映画は完結だが、蓮実はこれからもこの世に生き続ける」という意味か「映画の続編やりまっせ」という意味か・・・。




スポンサーサイト



  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

There are no comments yet.