FC2ブログ

LOVE&PEACE 君は君だから

            DSC01446_convert_20120921125548 400.300

                    私が待っていたのはこちら

                  ミニカーだらけのMINIであります


こちら岡山の総社市を出発し秋田まで走ります

   DSC01449_convert_20120921125802 350.262


                DSC01450_convert_20120921125852 400.300

様々な形・大きさのミニカーでイッパイです。
スポーツカー・ショベルカー・国産車に外国車、クリリンが乗った車やポンでライオンの車・・・。

  DSC01451_convert_20120921125930 600.450



        DSC01447_convert_20120921125628 300.255


   DSC01448_convert_20120921125702 500.375

              ~LOVE&PEACE 君は君だから~



FOP(進行性骨化性線維異形成症)という疾患の娘さん(ひよりちゃん)を持つ父ちゃん(hiyoさん)が活動しています。


私の下手な説明ではなくhiyoさんの言葉で伝えたいと思います。

車を見て興味を持って下さった方にお渡ししていたプリントをそのまま掲載させていただきます。



『父ちゃん、どうして私はみんなと違うの?』

私が、このMINIを作らなければならない理由。。将来娘が聞くであろう この一言からでした。


娘はたくさんの病気を持って産れて来ました。
心臓は普通の二倍、そして一部は動いておらず、手足指はあるものの爪や関節はなく耳も不自由です。

さらにFOP《筋肉が骨に変異する難病》と分かりました。


私達夫婦は幸い健常者であり、我が子の将来にどんな苦労があるのかさえ想像もつかず、
ただ 我が子が生きていてくれればと願い続けました。

来る日も来る日も 想い描く我が子の成長の中で、どう育てればいいのだろうか、という気持ちがある中、
この一言でずっと行き詰まり続け悩みました。



世の中には色々な形や色、大きさや役割の車がある、人だって一緒。
背の高さの違い 目の色の違い 病気のある人 障がいのある人 みんな色々で
誰一人同じ人なんていないのです、

私は言葉の足らない部分を形で表現してみたい…

そこから ミニカーを貼り付けた大きな地球儀を作りました。
しかし苦しむ子供は私の娘だけではありません。
ならば『メッセージを載せ、走れる車に』。そしてこのMINIにたどり着いたのでした。


後ろに書いた『君は君だから』

『君は君なりに力一杯で生きればいい』そんな思いを託しています。
どんなに人と違う姿でも どんなに不自由な身体であろうと 君にしか出来ない生き方がある。

この車を通し、少しでも多くの人が『障がいや病気』を知り 暖かい目で見守ってやれる
社会になればと願います。






みなさんが何を思い、どう感じるかはそれぞれだと思います。

私自身ブログ上でのお付き合いだけで、しかも一年にも満たない。
ブログを拝見させていただいてて、素敵なご家族だという事、娘さんもかなり愛嬌があること、hiyoさんも真面目な話ばかりでもなくなかなかチャーミングであるという事を感じました。

hiyoさんの思いをどのくらい理解できているのかわかりませんが、自分も子供を持つ親であるという事、地元が総社であるという事、ブログをしているという事など共通点も少なからずあるので共感する部分も多いのです。


今日も張り切ってSAに向かいましたが、声をかける決意はできていないままでした。

ブログという顔の見えない、個人を特定できないコミュニケーションツール上のお付き合いなわけで、顔を合わせるという事に抵抗があったのです。


でも、これまでの経緯から応援していることをどうしても一言伝えたい。
こっそり見ているだけでは、こちらの正体だけ明かさず卑怯にも思えたり…。

『どうしよう、どうしよう』となかなか一歩を踏み出せず、遠巻きに不審者のようだったかもしれませんが、hiyoさんたちはこんなに堂々とかっこいいのに、ウジウジしてらんないや と覚悟を決めて接近しました。
(この時点ですでにパワーをいただいた気がします)




「あの~、ブログいつも拝見してます。 ぶばんだむと申します」と超~~~緊張して声をかけると
とても気さくそうな明るい笑顔で対応して下さり、きれいな奥様とひよりちゃんにもご挨拶することができました


ひよりちゃんはまだおしゃべりはできませんが、表情が
「うちの父ちゃんかっこいいじゃろぅ」と言ってる気がしました


珍しそうに通りすがりに眺めていた人たちも徐々に寄ってきて写メを撮ったりし始めました。

hiyoさんは声をかけてきた方には先ほどのプリントを渡して主旨を説明されていました。



たくさんの方に興味を持っていただいて、理解の輪を広げていけるといいなと思います。



緊張で汗だくになりかけていた私ですが、それまでのドキドキがアホに思えるほどホントに気さくに明るく対応していただき、うれしかったです


出発を見送り手を振るころには、私はなぜかじわっと涙があふれてきました。

旅立ちを確認し、逃げるように泣きながら車に戻りました。

感動なんでしょうか。 自分でも涙の訳がわかりません。

話しかけることができて緊張がゆるんだのと、みなさんに丁寧に説明するhiyoさんの姿やそもそもの主旨に感動したのと、旅の安全を祈る気持ちと・・・。

ほんっとになんででしょう、涙しましたわ。



私はこれからもぐだっとした生活をつたない文章でブログに書いていきますが、今回の事は忘れないでずっと心にとめておくと思います。

どんな機会に自分にどんなことができるかわかりませんが、暖かい目と手を差し伸べる気持ちはいつもスタンバイしておこうと思いました。



プリントの内容の掲載は許可をいただいたのですが、ブログの紹介をしても良いものなんでしょうか


hiyoさんも制限なしでブログをしておられるので、大丈夫だと思いますので、ご紹介します。

         http://blogs.yahoo.co.jp/hiyo2009914/30493847.html





長文になりましたが、お付き合いくださりありがとうございました



そしてhiyoさんご一家の無事の帰還を心からお祈り申し上げます。







スポンサーサイト



  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

There are no comments yet.
ぶばんだむ

お返事

コメントありがとうございます。
随分古いブログへの事なのでしばし戸惑いました。
この時のブログのhiyoさんは本当に頑張っておられます。
娘さんのために電動車いすを作られたりしています。
が、ご自身も入院されたりしたこともあったようです。

hiyoさんファミリーをPCを通してですが、応援している私自身は自分も家族も健康に過ごさせていただいている者なんです。
仕事も家事も趣味も自分なりに頑張って自分が今ここにいることに一生懸命な凡人なんです。
崇高な志があるわけでもなく、ただ一日一日を無事過ごしているだけなんです。

なので、hiyoさんや妹尾さんのようには頑張っているわけではないのでコメントに恐縮しています。
ぜひhiyoさんや同じように頑張っておられる方に直接メッセージしてみて下さい。


鍵付のコメントへのお返事を折り返し鍵付にする術がわからずオープンになっているかと思います。
不愉快でしたら申し訳ありません。
ほかにお返事の仕方がかわらなかったので、この方法でお返事とさせて下さい。


親が頑張っているのは子供も感じると思いますので、一つ一つの目標に向かってやって行くしかないかなって思います。
(ブログをやっていながら自分の思いを文字で伝えるのが苦手なのですみません)

  • 2016/02/20 (Sat) 11:24
  • REPLY
ぶばんだむ

hiyoさんへ

hiyoさんお久しぶりです。
ブログの方の更新があまりなく、奥さまのブログを日々拝見していました。
入院?などの情報はなんとかゲットし、折々の写真でお姿がチラホラお見受けできたので、なんとか元気になられたかなと想像していました。

気を抜けばあっと言う間にすぎてしまう一日を、できるだけ大事にしたいと思います。

hiyoさん一家の今後を楽しみにしていますので、ゆっくりゆっくりてくてくで行きましょうね。

  • 2016/04/30 (Sat) 10:00
  • REPLY