FC2ブログ

右手養魚センター  ~その1~

    (おことわり:連日忙しく、8/27に書いております)



本日右手養魚センターに行きました

6時出発を予定してたのに、ずるずる遅れて7時過ぎに出発しました。

途中菊花峠でトイレ休憩
        DSC01334_convert_20120825150506.jpg     DSC01333_convert_20120825150359 300
以前は写真左の個室数は多いけど、ブロックで囲まれた陰気で臭い和式トイレでしたが、奥に新しいトイレができてました
綺麗だし、洋式だしウォシュレットあるし年配の方も利用しやすくなったと思います。

              DSC01337_convert_20120825150550.jpg


そこからノンストップで一時間前後走った所で面白い田んぼがチラッと見えてすぐ先にトイレ&駐車スペースがあったので立ち寄りました。

子供はチョットした広場にウジャウジャ飛んでいるトンボ取りに夢中
(その際長男は今回用に百均で購入した魚採り網を折りました

   DSC01342_convert_20120825151025 400     DSC01341_convert_20120825150918 200

久賀ダムという所から見えるジャイアンツ田んぼというやつでした。
「タイガース田んぼ」はニュースやなんやで見たことあるけど、巨人のもあるんじゃ~って感じでした。

        P1010887_convert_20120825153140 150          P1010888_convert_20120825153230  150
あんまり車も通らない所ですが、中鉄バスは走ってるようです。

        DSC01344_convert_20120825151143  300     DSC01345_convert_20120825151216  300
ダムの所から下をのぞくと・・・・
写真ではわかりませんが、すごい高さなんです
カバンは斜め掛けしてるし、何も落とすはずはないのですが自分自身を含め何かが落ちそうでドキドキします。
テレビとかで、バンジージャンプをなかなか跳ばないタレントを見て『根性ねぇな~』と馬鹿にしていたことを猛烈に反省しました。
無理 安全な所にいるのに足がすくむという経験ができました。
旦那さんがもし来てたら「〇〇がキュッとなるわ」と言うに違いないでしょう。


そこから湯郷、美作I.C.を越えさらに北上して行きます。
「トムソーヤ冒険村」の案内看板が見えてきました。
右手養魚センターはトムソーヤ冒険村のすぐ横にあります。

ナビで目的地まであと少しの所で道路工事をしていてそちらに気を取られながらナビにしたがって左折。
ナビの示す右手養魚センターはただの小屋。
魚の養殖場みたいなのはあるけど、釣りをするところはない
進んでいくと津谷キャンンプ場に行ってしまう。
『なにかおかしい』とUターン

戻ってみると、工事していたところの50m先にがっつり見えてました
ナビに頼りすぎてたわ・・・。



とにかく、着きました~ 右手養魚センター
     DSC01348_convert_20120825151331  600  DSC01362_convert_20120825152007  200

ファミリー券5500円と竿200円3本(JAFカード提示で1本無料)餌のイクラ500円を受け取り、区切ってあるエリアを選んで番号を伝えます。
今回はニジマスかアマゴを選べ、釣りやすいのはニジマス聞いたのでニジマスを二人分アマゴを一人分お願いし、選んだ区画に放流してもらいました。(一人分とは10匹位です)

区画も20以上あったでしょうか。
トムソーヤ冒険村の下まで続いていて、そちらはアルファベットがふってあったのでコテージの人用なのかなぁと思いました。 確認はしていません。

区画も私は荷卸しがしやすく、一日いるかもしれないので午後も木で日陰ができそうな所を選ぼうとしたのに、子供たちは前日の残りなのかすでに魚が数匹見えている所を「ここがイイ~~~~と言いだしたので、決定
『ふんっ 後で後悔しても知らんからな。 パラソルの日陰は私が優先よ』って一人つぶやくのでした。


  P1010890_convert_20120825153353  600

私は荷卸し開始。
センターの横や釣り場の上流にも駐車場があるし、人も少ないので区画の近くに停車してとりあえず荷物をおろすことができました。


その間にも子供たちは釣りを始めています
私はえっちらおっちら荷物を運び、足をグリっとしてしいまいビーチサンダルのはなおがひも一本でかろうじて繋がってる感じ。
え~~、今日一日歩きにく~い  他にもサンダルあるけど、本来水に入るようじゃないしちょっとブル~



気を取り直して釣り開始
私が忙しくしている間も釣っていた子供たちですが、釣果ゼロ

区画の対岸に移動してみたりするのですが、竿の扱いになれていないので頭の上の木に糸をひっかけて「おかあさ~~~ん」と呼ぶこと数回。
普段「ばばちゃん」だの「ばばあ」だのと生意気な口をきき始めた息子たちですが、こんな時だけ「おかあさん」かよ


一匹目を釣るのは誰か・・・    次男でした
さらに私、また私。 そして・・・・次男。
長男は待てど暮らせど釣れない だが忍耐強く頑張っています。


糸がからまるとか、近くに来るなとかキーキー小競り合いもあり、もろもろの後始末をさせられる私も暑いせいもありイライラ

釣れている次男がすねたり、針が魚の口の奥に入ってなかなか取れなかったりで私もケンケンしてしまいました

死んだ魚は調理できるのに、生きてる魚からは釣り針一つ外せない
「ギャー、イヤー、もう無理~~」と叫びながら格闘
格闘してる間に水からあげられていた魚は絶命
そうなってしまえば、持ってきてたキッチン鋏で針の引っかかってた部分をチョッキンして外せました


気が付けば13時近い。
お昼用の魚を焼きたいけど、長男が「もう少し、もう少し」と一匹でも釣りたいと粘ります
14時をリミットにしましたが、結局釣れず


区画にU字溝がありコレを利用してバーベQができることはリサーチずみだったので、炭と網を持参。
炭を準備します。
魚はどうしよっかな~。 包丁は危ないので持ってこなかったし、生きてるのもいるから・・・。
釣り針外しですでに心が折れていたので、一匹50円で焼いてもらうことにしました。
炭の方ではこれまた持参した鍋でラーメンを作り、おにぎりを焼きおにぎりにしました

センターに焼きをお願いしに行くと「包丁は貸すし、裏に流しもあるよ」と言われましたが気力がないので焼いてもらいました。
20分程かかるので、後で取りに行くというかたちでした。


ってゆうか、四匹しか釣れないハズじゃなかったので困ったぞ~。
足りないなぁ。
センターの方にも「こんだけしか釣れてないん」と言われちゃいました

魚は二匹づつ子供に食べさせます。 昨日おこわ作って持ってきたので何とか足りました
次男は「自分で釣った魚は美味しいわ~」と長男を挑発しますが、長男は相手にしてない様子。
真剣になぜ自分だけ釣れないのか悩んでる様子。

こんな時、今までなら長男が怒って大ゲンカってゆうのがいつものパターンでしたが・・・。

長男がちょっと大人になったのでしょうか、何度皮肉を言われてもキーーっと怒り出すことは結局一度もありませんでした。
その事が母としてはうれしかったです
家ではまだまだ喧嘩が絶えないですが、お天道様の下で冷静に次男をあしらえるようになってるのね…





さてさて、あまりにも長くなってるのでいったん終了です。
お付き合いいただきありがとうございます。
続きは「その2」で・・・・・



スポンサーサイト



  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

There are no comments yet.
-

今は泳ぎは駄目らしい
トムソーヤ冒険村とは関係ないらしく
宿泊客がメインになってるくせに泳ぎは全面禁止
パンフレットの水遊びは全くのデタラメ

  • 2017/08/09 (Wed) 12:15
  • REPLY
ぶばんだむ

コメントありがとうございます。

> 今は泳ぎは駄目らしい
> トムソーヤ冒険村とは関係ないらしく
> 宿泊客がメインになってるくせに泳ぎは全面禁止
> パンフレットの水遊びは全くのデタラメ

ここ数年行ってないのですが、2012年当時も一応泳ぐのはダメでした。
釣り堀ですもんね。
でも、夏に子供に水に入るなと言うのは酷なので、下流に川遊びスペースを作ってくれるといいんですけどね。

  • 2017/08/10 (Thu) 19:16
  • REPLY