FC2ブログ

悪あがき その2

もう一回乗っとこう ってことでgo

次男が終業式なのでフリータイムは午前中のみ。

目的地はすでに決定していました。    実家です

花火の時に、実家で使われていないテレビをもらってきましたが、ぬぅわんとリモコンを忘れてきてたのです


今日はその「リモコンを取りに行く」という重要任務を理由にしてプチツーです




まあ、リモコンは早々にゲットしましたがまだ二時間以上時間があるので、空港経由でちんたら帰ろうと思いました。

昨日にも増して暑いのなんの

いちばん暑いのは、日光にさらされてる足でした。
Gパンのしたで真っ黒にこげてんじゃないかって思うほどジリジリ

足守から「岡山空港」の方向へずいずい行きます。
が、残土を積んだトラックや軽トラが上り坂で超ノロノロ

追い越したいけど、自分の前には他の車もたくさんいるので危険
どっか寄り道しようと思ってたら「最上稲荷 龍なんちゃら寺」の看板。

寄ろうかと迷ってるうちに通り過ぎちゃったんで、その先に見えてきた「最上稲荷 奥ノ院」と書いてある所に行ってみることにしました。

大きい道をそれて誰もいない山道(道幅はそこそこあり舗装されています)を3分ほどくねくね行くと鳥居があり、たくさんの石碑や神社と言うかお寺みたいなのに到着しました。

  DSC01200_convert_20120719153546 400     DSC01193_convert_20120719153712 300




     DSC01195_convert_20120719153825 500   DSC01196_convert_20120719153858 200

順路に従っていくと、センサーなのか突然お経が流れ始めました。
『稲荷神社じゃないの お経ってことはお寺なの

「最上稲荷」の言葉につられて来たけど、なんにも予備知識ないからわかんない

天気いいからいいけど、曇ってたりしたら古谷一行の金田一ドラマの音楽が似合いそうな雰囲気もあります



               DSC01197_convert_20120719153935 400


「〇〇大…」と書かれた大きな石碑があちこちに数えきれないほどありました。
それぞれに立派な花活けや線香立てなどいろいろ設置してあります。

正直ちょっと怖い気もしたので、そこは写真をとるのがはばかられました





最上稲荷奥の院がなんなのか調べてみようと思います。

はい、調べました。

おどろおどろしい物ではないようでした

普通は最上稲荷本殿の方から石段を延々登ってくるようでした。

私は岡山人でありながら、記憶のない幼少の頃祖母たちといっしょに一回だけ最上稲荷に参拝しただけで、その後一度たりとも行ったことがないんです



だから余計に変に怖がっちゃったのかもしれません。




   DSC01198_convert_20120719154011 350      DSC01199_convert_20120719154044 350

ここはこの辺りでも標高が高いのか、眺めはすごかったです。
遠くに見えた海らしきのは児島湾かなぁ

残念ながら木や建物で写真では上手くわからないですね

テッペンすぎるのか、石碑が多すぎるのか、とにかく山なのに木が少ないので暑いんです

いわゆる木々が多くて苔が生えてて涼しいってのとは正反対でした。




その後もちょい探検してたら山陽町方面に出たので鳥周まで、足を延ばしました。

串焼きとズリと手羽先(タレ)を購入。 どれも80円です
旦那さんはここの串焼きが大好きです。 もちろん子供たちもね


汗だっくだくなので、キャップで濡れてる髪を隠して入店です。
なもんで、写真をとる余裕はありませんでした


山陽町方面に行った際は、ぜひ一度試してみて下さい




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.