FC2ブログ

悲しきオリアン

先日実家の換気に行きました。

お墓参りの間に二階の窓を開け放しておくこともあるんですが、一階の窓は開けたまま留守にするのは気が引けるので、なかなかできずにいました。

一階の窓を開けたなら1時間くらいは換気したいので、時間のある時に・・・

と思っていたので、今はいい機会でした。


昔の自分のノートを見たり、本棚には高校の時の名簿なるものがありました。

昔ってすごいですよね。
電話番号はなかったと思いますが、住所に保護者名、出身中学が書いてありました。

間に挟んんであったクラス名簿のプリントには電話番号も

三学年分の名簿ってもんがあったわけであります。
世が世なら住所分かるし、ストーカーし放題ですね、ってそんなことはしませんが、自分の学年の所をペラペラめくり名前に記憶をめぐらせました

私ね~、昔の同級生とかは名前は出なくても「この人、いつだったかの同級生だな」って覚えてたり、名簿を見てると顔を思い出したり・・・

そうゆう記憶はまぁまぁあるほうかなって思っています。

一番よく行くスーパーに多分ですが、高校の同級生(一回同じクラスになったことがある)であろう同年代の女性を時々見かけます。

声をかけるほど仲良かったわけでもないし、正直自信はないし
きっとモヤモヤした気持ちのままでいるんだろ~な~って思います。

自分だったら恥ずかしいけど、声かけてもらえたら嬉しいかな~~。



あと、子供が同級生のお母さん。
浪人したのは知ってるけど、その後どうなったのか知らないのでこちらからは非常に声をかけにくい


大人は大人で大変なんですよね~~。


あ、違う違う。
こんな話じゃねぇわ。オリアンの話だ。

今は中山下? 114銀行の地下街にありますね。
昔は天満屋の駐車場の並びのビルの、やはり地下にお店がありました。

亡くなった父に初めて連れて行ってもらって、総社にはない「ザ・レストランン」という感じでワクワクしたのを覚えています。
(地下なので今も昔も絶妙に陰気な感じがするんですけどね)

ボリュームがある記憶だけが残るオリアンさんに久しぶりに行ってみました。 次男と。 二カ月位前に。

数組並んでいて、人気店になってんだな~って期待して待ちました

   
     スープは美味しかったです。

   
      スペシャルランチのお肉とエビフライ  
   


     サービスランチ
   



思い出のお店なので言いにくいですが愚痴ります


私でもこんな焦げ茶色になるまでは揚げないぜっていう色のフライ類

感想がないのは、すべての物がドブドブにかけてある酸味の強いドレッシングの味になってしまってて、味の感想もなにもあったもんじゃなかったんです


サービスランチの方の別皿に盛り付けてあったお肉だけ味がわかりました。 1750円もするスペシャルランチのお肉よりもこっちの方が美味しかったです。
(ってゆうか、さっきも言ったようにワンプレートに盛り付けているものはすべてドレッシングの味でしたから)


うん十年前にもいらっしゃった給仕のおばさまと思しき方が今もご健在で素晴らしことなんですが、次回はないかも


思い出のお店の悲しき変化ついでに・・・

総社の愛すべきお店、広珍が閉店してしまい現在総社に行くたびに迷って結局行ってしまうのがよこたうどんさん。

現在の店主は私の1コ上のはずなのでこちらのお味は死ぬまで楽しめると期待しています。

が、ここで愛してやまないこぶうどんのこぶが変わってしまってました


こちらが以前のこぶうどん(この時は海老天一尾トッピング)



そしてこちらが現在のこぶうどん(この時はとろろトッピング)


わっかるかな~~~~~~。

わっかんないだろ~な~。

以前は削りこぶって感じで、出汁に溶けてしまわずにこぶを薄く裂いた感じのじゃぐじゃぐした食感があり、唯一無二で大大大好きでした


なのに、なのに、なのに~~~~
こないだ行って、ルンルンでとろろのトッピングまでしたのに、こぶが変わってしまってたんですよ!
どこにでもあるおぼろ昆布になってしまってたんです
出汁のなかでとろとろになってしまって、食感なんてな~~んもありゃぁせん


あまりにショックで会計時に「こぶ変わったんですか?」と確認すると

以前のこぶが入手できなくなり、新しいのは以前のより高いのにだいぶ変わってしまって・・・

とのことでした。

お店の方としても不本意なのでしたら、注文時に一言添えていただきたかったなと思います。


よこたうどんは何を食べても美味しいし、他にも好きなメニューがあるのでいいんですが、一番大好きなメニューを削除しなければいけないのが悲しいです。





なんか最近、子供が手元から離れたからか、二度と手に入れられないものへの執着というか喪失感が絶望に近く感じられてしまうのです。

お年頃ですかね~




スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.