FC2ブログ

盛岡旅行記①

11月某日、初めて岩手県へ行ってきました。

北海道は行ったことがありますが、本州の最北は石川、最東は東京まででした。



子供と飛行機に乗るのは初めてです。

次男は修学旅行で海外便に乗りましたが、団体様だったので個人で搭乗するのは初めて。

受験に行くとは思えないカメラの数々。
案の定検査で引っかかり、中身を全部出して再チェックにかけられました

かくいう私も久しぶりだし、最近は一人で乗ったっきりなんで少々緊張しました。
伊丹空港は初めてだったので場所がさっぱりわかりません。



左右に2席ずつの小さめの飛行機。
隣が他人ではなく次男なので楽だし楽しい。



これまた初めてのレンタカーを空港で借りまして出発します

花巻空港は岡山と違って山の上ではなくどど~~んの平野にありますので、しばらく走っても走っても広々の世界です。
ただ、左右に見える山々がでかい!


そして、行く先にでっかいババロア型の山がそびえます。
富士山の新幹線からしか見たことがないので、初めてのサイズ感の山でした。

中腹から雪をかぶっているババロアは調べますと岩手山という山だそうで、岩手のシンボルなんだそう。

あまりの大きさに『日本ってすげぇ~~~』と知らない世界に来られたことを感動しつつ北上します。


この写真じゃわかりにくいですね。
肉眼では大きなお山がどーん、なんです。



さて、おなかも空いてきたのであらかじめリサーチしておいたお店の一軒に伺います。

国道?県道?とにかく盛岡に向かって走っていた4号線沿いにありますこちら。

いわて三陸水産組合さん。

ちょっと前までお店もちらっほらっとしかなかったのに、やっとこの辺りで見覚えのあるチェーン店がでてきたりする辺りにありました。


海産物をテーブルの七輪で焼いて食べられるお店ですが、ランチも魅力的でした。

次男は海鮮丼にしましたが、写真を撮る前に食べられました。


私は次男もこっちにしようか迷っていた うにく丼1000円
サイズ感が分かりにくい写真ですが、小さくもない普通のどんぶりサイズに1000円なのにこのウニの量
崩しながら飛べてもどの匙にもウニが混ざってきて「美味し~~~~~~



焼き牡蠣 3個  円を注文したら「牡蠣のサイズが小さいので6個でお出ししますがよろしいですか?」と言われ、小さいならやめようかとも思いましたが、三陸の牡蠣を食べる機会がほかであるかわからなかったので注文しました。

ホンマに小さかったけど、旨味がギュッと凝縮してて美味しかったですよ







帰りも寄りたいくらいでしたが、ここでお昼を食べてたら120%飛行機に乗り遅れるので、次男が合格した折に・・・






この日の翌日は雪になるかも・・・ という天気予報でした。



結果としては幸いにも雪は降らなかったんですが、街中で大きな除雪車を何台も見かけました。

この大きさの作業者が50~60km/hで走ってるのがすごかったです



私は他県に行ったら地元のスーパーに行くのが好きです。

こちらで見かけないものが当たり前に並んでいる・・・ そうゆうのを探すのが楽しいです。


お刺身コーナーではピンク色の酢だこの頭なるものがありました。

年末でもないのにイクラがいっぱいに入ったパックもありました。



翌日試験の次男は晩御飯はなんでもいいというので、リサーチしておいたジンギスカン屋さんへ

ジンギスカンといえば北海道のイメージですが、岩手の県南でもよく食べられるようでご当地グルメのようです。

食べ放題もある遠野屋さんですが、この日は満腹が目的ではないのでアラカルトで。

ジンギスカン得セット ¥2980  
肩ロース・ショルダー・マトン 7枚×3 野菜付き     肩ロースは豚でした。

タレがぐい飲みのような深めの小鉢に入ってるので、タレをたっぷり付けてごはんにワンバウンドさせる私はルンルンでした
(写真の小さい小皿はたたきのタレです)

こちらが ラム肉たたき ¥780 

珍しいので注文しましたが、思ったより加熱されてたのでカルパッチョの方にすれば良かったな~と思いました。



こちらは 冷麺 ¥750   盛岡といえば冷麺でしょう。
いわゆる焼肉屋さんの冷麺と盛岡冷麺の違いはよく知りません。
もう少し黒っぽい麺をイメージしてましたが、色は普通です。
ただ岡山の焼肉屋さんで食べるものより、麺が太くてコシが強いように思いました。
でもその麺に負けないスープの旨味でとっても美味しかったです。 酸っぱすぎなかったし。
写真にはありませんが、からみと呼ばれるカクテキのようなものを入れて辛さを足すようです。









平日だったせいかお客さんは多くなかったですが、またの機会があればぜひ伺ってほかの物も食べてみたいと思いました。

ってか、次の機会・・・





あるのかなぁ




スポンサーサイト



  • Comment:2
  • Trackback:0

Comments 2

There are no comments yet.
むらさん

下の子も受験ですか
うちと一緒ですね


娘は家から通えるお高い短大に行くようなことを言ってましたが

受かったのかな_・


うちの死んだ親父の実家は秋田でも岩手寄りなんで盛岡は近いですが

40年ほど前に一度行ったきりです(笑)

  • 2019/12/04 (Wed) 19:58
  • REPLY
ぶばんだむ

Re: 盛岡旅行記①

むらさんとことうちは子供の歳が同じようですね。
今度成人式の上の子と受験生の下の子。
兄弟なのに20世紀生まれと21世紀生まれ。



学費がお高くても4年ですから、それで就職の時のハードルが下がるなら頑張るしかないですねv-355



せっかくなんで三陸の方へ行きたかったんですが、ナビると秋田に行くより時間かかりそうなんで諦めました。
あのすんごい山々を越えないと行けないんですもんね。


  • 2019/12/05 (Thu) 14:22
  • REPLY