FC2ブログ

気が向いたら… B.B  ~岡山日記~

 bubaの右往左往のジタバタ生活

 

ブル~な話


Category: 日記   Tags: ---
今年もあと四日となりました。
私はお正月が好きではありません。
主人が休みになるっていうのが最大の理由かな~。

正月だろうが大晦日だろうが、洗濯ものは出るし三度の食事も用意しなければならないし、普段より忙しくなるだけなのである。

ってことで週末も好きじゃないなぁ。
我が家は家族で楽しくお出かけをする回数が異常に少ないのである。

自分の幼いころ裕福ではなく、家族旅行の記憶は隣りの県に一泊した一回だけである。
我が子にはさみしい想いはさせたくない… と思いながらもなかなかできていない。
遠出はしないけど、近場にはできるだけ連れて行ったつもりではある。

自分の子育てってこれでいいのかなぁ    って思う人少なくないんでしょう。
でも、正解ってないんですよ。


自分と母の関係は…      ふつうですかねぇ。

ただ、母が亡くなって遺品整理をしていたら…
『〇〇(私の名前)は振り向かない。あの子が私を嫌っているのは知っている』と書かれた文章を見てしまいました。

両親がなくなってからも姉は実家の事を何もしてくれていないのに、そんな姉を溺愛していたようだ。
汗をかきながら実家の事で奮闘していると涙が出てくる。

姉は未だ独身で親も生前はそのことばかりが気がかりだったのはわかるけど…。


母は偏見の塊のような人だった。
本人は否定するが僻み根性もなかなかのものだった。

私は母のひどい偏見が子供の頃から受け入れられず、思春期には正直に『私はそうは思わない』と意見した。
姉は今は社会に出てましになったが、当時は母の考えに洗脳されていた。



子供の頃からずっと我が家ルールがあり、他人から見れば異常としか思えない決まり事があった。
私は嫌々だったが、ルールを守らないと家に入れないので仕方なかった。
父親もさせられているのが不憫だった。
なぜ父親はしたがっているのかわからなかった。

どんな家庭にも人には言えないような話はあるのだと思うけど、今思い出してもよく耐えたと思う。

二十歳で一人暮らしを始めてから、実家に一泊もしたことがないのである。
普通に考えればありえないかもしれない。

例のルールに従うのが嫌で実家の前までは行っても足を入れない日のほうが多かった。
子供ができてからは、幼い孫には強要しなかったので入るようにはなった。


それ以外はふつうだった。
孫もかわいがってくれたし、電話もよくした。
母の人生も楽しいことばかりだったわけではないので、わからなくもないので責める気はない。

ただ、子供が見てショックを受けるようなものは残しちゃぁいけない。
突然死だったので、本人も私が見てしまうとは思っていなかったろうけど。

だから私は子供に見られて困るようなもの(そもそもそんな物ないが)は残さない。
いつ何時逝ってしまうかわからないのだから。


お葬式も、なんや訳のわからんお経はして欲しくないな~。
好きだった曲とかかけて、一言メッセージかなんかを棺に入れてくれるだけでいいんだけどなぁ。

まぁ、残された者が恥ずかしくないようやりたいようにやってくれたらいいんだけどね。


明日から一週間地獄の日々である。
早く普通の日常にもどりたいもんだ。


スポンサーサイト



12 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

11

01


 
いらっしゃいませ
 
プロフィール

ぶばんだむ

Author:ぶばんだむ
    ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ご訪問ありがとうございます。

現在夢中なもの・・・
 ★電大・ユニコーン
 ★THE TON-UP MOTORS
 ★ジャパハリネット
 ☆バドミントン
 ☆テニス
 ☆バイク



2011.11から始めたブログです。
岡山に生息する普通のおばはんです。
まだまだ右往左往していますので、粗相があったらすみません。
広~い心で読んで下さい。


ぼちぼちやってますんでよろしくお願いします。



   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ぽちっとするヤツ
よかったら押してみて下さい♡ 自作の「ポチッと」です♪♪
 
食べログやってます
 

Archive   RSS   Login