気が向いたら… B.B  ~岡山日記~

 bubaの右往左往のジタバタ生活

 

秋芳洞&秋吉台す


Category:   Tags: ---
湯田温泉から車で一時間足らずで秋芳洞到着。

駐車場の客引きのおば様方が多すぎて怖い
麦わら帽子やタオルで日焼け対策をしたおばば様たちがあちこちから手招きしてくる様は多分秋芳洞より寒気がする・・・
東尋坊ではお店でお買い物したら駐車料無料だったけど、ここは価格設定がわかんないので下調べで見てた市営の駐車場へ駐車しました(駐車場代400円)

どこの駐車場に停めてもしばらく歩かないと秋芳洞の入口には到着できません。
徒歩で10分位かな?

お盆やGWなどの混雑時は第四駐車場もいっぱいになり、近くのトンネルの向こうまで駐車することもあると後で聞きました。
観光シーズンはご注意を

秋芳洞はもちろん有料で大人一人1200円ですが、JAFカードを見せると100円引きになりました。

秋芳洞内は飲食禁止なので、水分はここで取ってくださいと案内があります。
もちろん中にトイレはありません。

料金所から洞窟の入り口までの山道もすでに涼しい風が吹いてきて期待値が上がります








洞窟前にはテレビでしか見たことないような青くて透明度の高い光景が見れます



ほひ~~~~~~、すっずし~~~~~~~

中から入口を撮りました  


入口から間もなくの所に「冒険コース」と言うのがあります。 別途300円也。
係員がいない時は備え付けのボックスにお金を入れて、小さい懐中電灯(無料)を借ります。
いきなり、岩に打ち込まれたコの字の鉄のヤツをのぼって行きます。

柵もあまりないし、足場も安全なように加工とかはされていないので、サンダルとかでは無理だと思います。
私はこれを知ってたから、歩きやすい靴で来ました。



どんどん昇ると、天井に近い高さまで行けて、すごく眺めがいいです


ただ、この上の方暑いです!
洞窟内の歩く道は基本涼しいんですが、高い所はすごい湿気と暑さで結局一回引いてた汗が噴き出ることになり、降りてからも湿気はあるので乾く事がなく、汗びちゃのままでした
多分普通の人はこうはならないと思いますが、超汗かきの私はのぼったことを後悔したのでした

















今まで井倉洞と帝釈峡は行ったことがあったんですが、秋芳洞は別格でした

すごかった  地球すげぇ


写真で見てもわからんと思うので、未訪の方は是非死ぬまでに一回行ってみて下さい。


結構な距離を歩いたと思うんですが、それが全く苦にはならないほど素晴らしかったです。


そして、奥の方に秋吉台に上がれるエレベーターがあります。
これは無料なので乗ってみました

意外に利用する人は少なかったです。

  
エレベーターの階ボタンは二つしかありません  でも80mあるそうです。

「秋吉台」の階はここに出てきます  ここトイレだけリフォームされてて綺麗です


この建物の右の坂を10分ほど昇ると・・・


秋吉台の展望台にたどり着けます。

アスファルトなんですが、なかなかの傾斜の坂なので短時間ですが、汗びっしょり
洞内が飲食禁だったのもあって、冷たいものを求めます。

坂をのぼりきったら右手に展望台、左手にこちらの建物があります


一見スタバ?と思うほど新しくてお洒落な建物です。
飲み物やソフトクリームやジェラート、お洒落なサンドイッチも売られていました。
何も購入しなくても、休憩に使っていいみたいです。


せっかくなんで、スイカのジェラート350円 
これねぇ、すごく美味しかったです  疲れ切ってたのを抜きにしても美味しいと思います。
一口目は「スイカそのもの!」と思うくらいさっぱりしていて、スイカの味がしっかり感じられます。
ベタベタと甘すぎず、最後まで爽やかにいただけました







ここへ向かう道中でも、先に見える山の上が他の山の深緑とは違って若草色をしていたんですが、ここがそれなんですね~。
暑いのでウロウロせず、ぼ~っと眺めてたんですが、この中の道を車やバイクが走ってるのが見えたので、私たちもに車に乗り換えて行ってみることにしました。


と言っても、車は麓の秋芳洞の駐車場
チケットがあるので、またエレベーターで秋芳洞に下りて中を戻ればいいんですが・・・・



気力なし


下調べで、ここからタクシーで麓に戻る、という方法を知っていたのでそうすることにしました。
さっきの秋吉台のエレベーター口にタクシーの電話番号が書かれています。 
そこに電話すると数分で行きますとの事。
料金は700円前後ですので、バスに二人で乗ったのと変わらない価格かと思います。


楽々と駐車場に戻り、車に乗り換えてGO



どっかで見たな~と思ったら、北海道で似た風景を見た気がします。
本州で、この広大で清々しい感覚を味わえるとは思いませんでした。




広いのでカーブも緩いですが、景色がいいのでバイカーが記念撮影してました。

車の観光客も停めれるところで写真撮りまくってました




ホントに天気も良くてすごくすごく、気持ちがいいし青と緑のコントラストが素晴らしかったです


来て良かったなと心から思えました。


次男も大人になったので、ここの良さを満喫で来てて良かったです。

小さい子だとすごさがわかんないかもしれないですね。
 コース的にここのあと秋吉台サファリパークという日程だったりしたら、チビッ子連れだとゆっくり満喫はできないかもしれないですよね~。



受験生だけど、長男も連れてきてやれば良かったなと後悔しました。

うん、彼とはまた別の機会に来よう
うんうん、また温泉に泊まろう




スポンサーサイト

湯田温泉


Category:   Tags: ---
楽しかったオープンキャンパスを終え、ホテルにチェックイ~ッン

温泉はありますが、ホテルなのでベットです。
和室ならグデ~~~~~っと寝転ぶところですが、汚い体でベットに横になるのは気が引けてしまう性分です
なので、泊まるホテルの温泉は後のお楽しみみして、せっかくなんでお向かいの温泉宿の日帰り湯に先に行ってみました




薬効よりも、この辺りの湯は「白狐の湯」と言われてるらしく、お風呂には白狐の像があちこちあります。
湯田温泉駅には巨大白狐の像があるらしいんですが、見には行きませんでした

昔、お寺の池に老白狐が足をつけにきており、和尚さんが不思議に思い池を調べて見つけたのが湯田温泉だとかなんとか・・・。

白いお湯は肌のすべりもよく、でもべとついたりもせずサラっとしていてとても気持ち良かったです。

日帰りで訪れた「かめ福」さんのお風呂は露店は深めで大きくて色々工夫もされてて楽しかったです。
女湯と男湯の間のしきりに小部屋?みたいなのがあり、家族でしめし合せて男湯からと女湯から入って合流できるみたいです。
混浴なわけではなく、壁越しに声をかけあってそこのスペースに入ろ~ってしてから使うみたいです。
(中はのぞかなかったので未確認です)

汗だくから解放されてやっとベットに横になって休めました


旅館ではないので、食事つきじゃなくても良かったんですが疲れて外に出る元気はないだろう、と食事を付けました。
ホテル内の地下の食事処でいただきます。



上げ膳据え膳なだけでも3割増しに感じる私ですが、それを抜いても美味しくいただけました。
(出てきた順に写真掲載しています)















お酒飲まない私には、ごはんものは終盤ではなく序盤に出していただきたい。
でも、今回は「炊き上がりました~」と炊き立てを持ってきてくれたので、お店に来てから加熱されたんだと思います。


貝とウニの釜炊きごはん。 せっかくならウニは生で上にのせてほしかった。



最後の甘すぎない和風の甘味は写真を撮る前に胃袋におさめられました





運転で疲れたので、食事の後はホテルのお風呂を楽しみました

ここのホテルは地階と屋上にお風呂があるので楽しみにしていました。

どちらも浴槽は一つずつなんですが、屋上のは屋根もない完全露天で、女風呂でも眺めは良くすごく気持ちよかったです。
遠くからでも見えてた巨大なホテル名のが目の前にあり面白かったです。

眺めはいいし、この辺りで一番高い建物ではあるのですが、遠くのマンションが見えてる状態なので双眼鏡でも使えば見えるんじゃないかと思いました。
(もしそうなら、建部の温泉と同じく老後は双眼鏡持って、この辺りに住みたい

お客さんも少なく、と~~~~っても満喫できました。

あ、一個事件が。
お向かいの日帰り湯もそうでしたが、お風呂屋さんのシャワーって水圧が弱くて物足りない所が多い。
しかも、ここのは最上階。  水圧が強いわけはない!
と思っていたら、予想に反してここ最近で一番強い水圧でした

おかげで手をすべらせてシャワーが手から離れて大暴れ
そのシャワーヘッドが耳に激突し、かな~~り痛い思いをしました

幸い、その時洗い場には他に人がいなかったので良かったです。


次男も食後、屋上の露天をいただきにいったのですが・・・ 悪い予感は的中



チェックインの時にホテル前に大型バスが到着しており、ホテルのボードを見ると高校のゴルフ部の大会が近くであったことがわかりました。
ロビーにはたくさんのゴルフバックと私立の大阪の付属高校の生徒が・・・

女子もいましたが、もちろん男子もたくさん


そう、次男はお風呂でこの同年代の見知らぬ集団といっしょになることになり、自分は一人だけなので気まずい感じになったそうで、せっかくの温泉なのに早々にあがるハメになったそうです

時間をずらして入ったら? と薦めましたが、疲れてるしいつ行っても一緒だろうとその後は入りませんでした。

私は「せっかくだし、元を取るぞ!」の勢いでイッパイ入るのが当たり前になってます


地階は翌朝に入ったんですが、黒ベースのモダンでシックな浴室内には大型テレビはあるものの特に感動はなく、速攻で出て朝の露天もいいかなと屋上に入りなおしに行きました



宿の夕食も楽しみだったんですが、私はホテルの朝食バイキングも大好き



次男はここで食べた河豚の干物を留守番だった長男に「フグを食べた」と言ってました
食べたのはほぼ和食ですが、パンなどの洋食メニューもありました。


楽しい朝食の後は、観光に出発だ~~~


余裕があれば帰りに岩国の錦帯橋も見れたらな~と思いつつ目的地に向けホテルをあとにしました




オープンキャンパス


Category:   Tags: ---
(※PCの調子が悪く、先ほど途中までの下書きでUPしてしまいました。最後まで書きましたのでまた読んでやって下さい


お久しぶりです。
夏休みです
我が家は受験生のいる夏です

ってことで、家族でどっかに行く予定なんてありません。
ま、受験生の有無にかかわらずどこにも行かない我が家ですけどね。

高3は勉強してるはずなんで、高1の方をオープンキャンパスがてら小旅行しようと思っていました。
一番気になっている大学は日程が合わず、某県へ行く事になりました。
ナビでは車で4時間
最近明石からの帰りでも眠気に襲われてしまうようになり、ちょっと自信がないので新幹線にしようか・・・
費用が・・・

で、ケチケチ計算した結果、二人の新幹線代よりも車で行って一泊する方が安いと判明

次男と二人で温泉決定!



ワクワク楽しみにはしていたものの、当日は5時出発を目指します
結論としては約30分押しで出発
だって、家に残していく男二人はな~~~~~~~~んにもしない人なんですもの

夏休みの土曜日でしたが早朝なんで、スイスイ進めました。

小谷SAで朝食休憩。
レストランも丁度開店だったんですが、モーニングもお得じゃなかったしお昼ご飯もどうなるかわかんないので二人ともガッツリ


私は冷やし担担麺だったけな? 麺は良かったけど酸味は邪魔でした。味噌ものってて面白い味でした。


さすが16歳。 朝から天丼をチョイス ボキャブラリーのない次男にピンクのやつの名前当てクイズを出しつつ食します。
正解はもちろん「はじかみ」です。 私は好きじゃないな~。




旅のお供にこんなものを購入。 はっさく大福。 180円くらいだったかな?


フレッシュなハッサクが入ってて、甘みも控えめでかなり美味
なんとなく一個しか買わなかったことを深く深く後悔


大学から遠くない温泉のホテルを予約し、朝から駐車させてもらう許可をいただいていたので、まずホテルへ。
フロントに声をかけて車を駐車し、バスに乗り換えて大学へ向かいます。


そして到着 某大学。 ←この後の観光をお知らせしたらどこなのか瞬時に判明するのに一応伏せてみました。


岡山と同じくらいの田舎なので、キャンパスが広すぎて目的の建物に行くまでに汗だくです
キャンパス内の低木には気持ち悪いほどの蝉の抜け殻。 昔洗濯しようとした子供のズボンのポッケから大量に出てきたのを思い出します



エアコンの効きが悪いホールでのお話は次男一人で聞かせ、私は涼しい所を探します!
が、どこにもねぇ

結局、建物の裏の日陰で一番風通しの良かった所でひたすら時間がすぎるのを待ちました。

お昼は学内の食堂に行ったんですが、ここもそこそこ暑いし何を買うにも長蛇の列
汗が髪を濡らし滴り始めたので、頑張って並んでいたんですが恥ずかしくてギブ
次男は無事食料をゲットしたものの、私はあそこに並ぶのは無理!と昼食を諦めました

午後からの学部見学は一緒に回ったんですが、私も興味ある内容なので超楽しかったです

そして、寄生虫コーナーで見覚えのあるものを発見



我が家の8割以上の食糧をになっているスーパーで出会った奴です。

もう何年か前ですが、市場直送なのか白いポリの箱にビッシリ並ぶレンコ鯛。

何十匹も並ぶ様はきれいなんですが、全ての鯛の口には鯛と同じくこちらを向いている奴が入っています

ダイオウグソクムシの小さいの。または、巨大な白いダンゴムシ!!!

全てのその虫が鯛にくわえられてコッチを向いているんです


その様を見て以来、切り身じゃない丸のまんまの鯛は買わなくなりました


で、今回晴れて?その正体が判明

「タイノエ」と言う寄生虫みたいです。
先に入ったらメス、後に入ったらオスになるんですね。
じゃあ、鯛の口から「こんにちは」してんのは全部オスなんですかね?

加熱が十分なら食べても害はないんですって。  良かった



って! 良かったじゃねぇよ

小指ほどもありそうな虫を食べれるかぁ

加熱が十分じゃなかったらどうなるんだよぉ


私、食糧危機がもし起こっても爬虫類や両生類なら加熱したら食べますが、虫だけは絶~っ対に食べたくないんです!




では、ここからは苦手な方はご注意ください



ホルマリンに漬けられた「タイノエ」さんはこちら 







東京に行ったら目黒の寄生虫博物館に行きたいとずっと思ってたんです。
今月行く東京は観劇とKちゃんの娘に会うので、時間に余裕がなくへこんでたんですがここで何種類かの寄生虫を見れたんで良かったです



寄生虫以外にも楽しい展示がありました。  
骨格や顕微鏡のスライドなどでクイズ形式にしてあったりで面白かったです


ただ、次男がここに合格できる可能性は・・・

私が来年エベレスト登頂に成功する!くらいの確立だと思います。

志が高いのは良いことなので、今はあたたかく見守りたいと思います



午後は楽しかったんですが、バス停まではやっぱり汗だく


あとはホテルで温泉だ~~~~~~~




続きはまた次回です



鬼ノ城&よこたうどん


Category:   Tags: ---
さて、この日の本来の目的地は鬼ノ城でした。

高校の徒歩訓練というもので一回登ったような記憶はあるものの、嫌だ嫌だと思いながら登ったのか記憶が一切ありません
鬼ノ城のすぐ麓にある砂川公園は何回も行ってるんですが、鬼ノ城は「登山」のイメージがあり行ったことがありませんでした。
実は実家の山からすぐなんですけどねぇ。

砂川公園の所の看板や、少し前にテレビで見た情報で結構上の方まで車でも行けるようだったので、いつか行こうと思ってこの日トライする運びとなりました。


砂川公園のウォータースライダーがある辺りの少し上に、左が砂川の森ゴルフ倶楽部(打ちっぱなし&ショートコース)右が鬼ノ城の看板があります。
ここから3100mで鬼ノ城駐車場との看板。
 
大型車は通れない山道をグイグイ昇って行きます。
ところどころ車のすれ違いができない幅の所もありますが、すれ違いスペースも多々あったので車でも楽々行けるかなって思います。
そして結構広い駐車場に到着です。

資料館やトイレ、休憩などの施設がありました。



ここに無料のコインロッカーがありました。
今日はスクーターなんで、ヘルメットが収納できたんですがWちゃんだと収納がないので助かるわー、と思ったんですがここのロッカー微妙に幅が狭い気がする
多分メット入んないわ

さて、今日は身軽なんで張り切って登るとするか・・・


はっ 例のヤツがある
備中松山城にもあった杖じゃ!
コレがあると言うことはコレが必要な傾斜があるってことじゃな

老いては親切は受けろと申しますかは知りませんが、ありがたくお借りしました。


でもね、最初ののぼりだけはなかなかの傾斜でしたが、あとは割と楽な道のりでした。

軽く鼻歌を歌うほど楽々歩いていると見えてきました



すごい眺めです


かろうじて自分アピールで、杖に帽子被せて立ててます。

こっちが自宅のある岡山市方面。
遠くに小豆島も見えています。


こっちが当時自分の全世界だった総社です。
18年間育った町をこんなふうに見ることができるなんて

平日なんで人も少なく、音もない「無」の時間も十分あじわえました。
鳥のさえずり以外なにも聞こえないことも。






ワラビ生えとる~。



山の方のはぜんまいかな? シダ植物が生えてるとちょっとジュラシックパークっぽいですよね。


一時間くらいしかいなかったかな~~。
悲しいことがあったら一人でたそがれに来よう  気楽に思えるぐらい近かったです。
とりあえず夏以外の色んな季節に来ようと思います。
夜景が見たいけど、夜は入れないのかなぁ? 今度聞いてみよ~っと。


さて、14時も過ぎてしまいお腹すきました
どこもランチタイムは終わってるのでどうしようか~ と悩みながら砂川の森の打ちっぱなしから実家の山方面へ抜け、宝福寺近くを通りこちらへ。

本当は店名なんてないと思うけど、食べログではホットドックと掲載されています。


後はご飯食べて帰るだけなんで、この場で食べようか迷いましたがみんなのお土産に三個購入しました。
ちなみに持ち帰ってお皿にのせてみましたらこんな感じ

いつもベーコンウィンナー450円なんですが、一個デラックス450円にしてみました。
持ち帰ると湿気でゆるんでお皿の上で上手に食べないと崩壊しそうでした。
でも味は美味しくって、半分食べると言った家族も結局もう半分も続けて食べてました

私はいつも通り?よこたうどんでこぶうどん600円をいただきました

15時近かったせいか、いつもよりやややわらかめのおうどんでした。



さて、巷はゴールデンウィークと言うやつですかね。
私はGW明けに我が家に来客があるので必死のパッチの片付け&お掃除の日々です。
ふだん家には誰もあげないスタンスを取っているので、家の中は荒れ放題なんです

今年からやっと家庭訪問から解放されて狂喜乱舞だったのに、来客が決まってからブルーでブルーで仕方ありません
本来のやるべきことが全く頭に入らないほど精神的に追い詰められています

普段から綺麗にしておけば何の問題もないんですけどね、できないんです私


皆さんは楽しいGWをお過ごしくださいませ。
不慣れな運転のドライバーにもあたたかい対処をしてあげて下さいね


通勤ラッシュ


Category:   Tags: ---
始発の新幹線、初めて乗りました。
自由席は8割がたうまってます。すごいですね。

新幹線は良かったけど、ここから地下鉄とJR。
平日の通勤time



電車通学も通勤もしたことがない私。
しかも不慣れな地。

Google様に頼り、わかった風な顔でスマートに動くことを目標にしております


そんだけなんで、またも古いプロフーモの写真を

DSC07088_convert_20161014020119.jpg
DSC07089_convert_20161014020147.jpg
DSC07090_convert_20161014020215.jpg
DSC07091_convert_20161014020258.jpg


そうそう、新大阪駅のエスカレーターでゆりあんレトリバーさんとすれ違いました

こうゆう楽しみもないとね、このお出掛けは旅行じゃないのでね。



それでは目的地を乗り過ごさないよう頑張ります。



09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
いらっしゃいませ
 
プロフィール

ぶばんだむ

Author:ぶばんだむ
    ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

ご訪問ありがとうございます。

現在夢中なもの・・・
 ★電大・ユニコーン
 ★THE TON-UP MOTORS
 ★ジャパハリネット
 ☆バドミントン
 ☆テニス
 ☆バイク



2011.11から始めたブログです。
岡山に生息する普通のおばはんです。
まだまだ右往左往していますので、粗相があったらすみません。
広~い心で読んで下さい。


ぼちぼちやってますんでよろしくお願いします。



   ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

 
 
 
ブロとも一覧
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
ぽちっとするヤツ
よかったら押してみて下さい♡ 自作の「ポチッと」です♪♪
 
食べログやってます
 

Archive   RSS   Login