FC2ブログ

気が向いたら… B.B  ~岡山日記~

 bubaの右往左往のジタバタ生活

盛岡旅行記②

~~~~っと、そろそろブログしなきゃしなきゃと思いながら、少しづつやってました。
なので、全体的に文面がちぐはぐかもしれませんがお許しください。

しかも、下記の「最近」は年末年始のお話であります。


それではそれでは、だらだら長い本編へどうぞ





最近お店での間違いが多い。

子供とビリヤードに行き、3600円と言われ五千円札を出したら、おつりで3600円渡された
おつりを渡された手を閉じずに一瞬考えて『あの~』と声をかけ、正解の1400円のお釣りを受け取りました。

お店でのオーダー間違いも連発で年末年始のゴタゴタのせいかな~と思いました。

見た目と同じく心の広い私は文句も言わず「まぁいっか」です。
訂正する気力もないんですね、今。



ほんで11月の盛岡のお話を半分で放置してましたので、今更ですが・・・。






盛岡滞在二日目のお話。

雪が降るかもと言われてましたが、舞うレベルですみ無事試験会場へ到着。




上の子の時も前期の試験の時に「合格前予約」という形で、不合格ならキャンセルできる新居の物件を決めました。
今回は合格の可能性は初期の消費税ほどと考えていたのですが、一応不動産屋さんに行ってみました。

ちょうどホテルの横に聞いたことのある名前の不動産屋さんがあったので行ってみました。

合格したとしても、こちらに来れる機会は1回しかないんですが、そんな感じでも契約できますか?と。

店頭のお姉さんは3回はお越しいただかないと・・・とのこと

私が来れるのは入学までに1回あるかどうかなんで、最悪ですが次男一人でこちらに来させるしかないのかな・・・
ということで、今回は推薦で時期も早かったので合格前予約はしませんでした。

なもんで、お昼はお土産購入のため盛岡駅へ行きました。
冷麺は前夜いただいたので、有名な盛岡グルメのもう一つのじゃじゃ麺にトライしました。
駅地下には他にも数軒じゃじゃ麺のお店がありましたが、フードコートではないけれど飲食店がオープンな感じで並ぶエリアにある白龍 フェザン分店 へ伺いました。
じゃじゃ麺発祥のお店ということでした。
市内にも数店あるとか。



じゃじゃ麺。 どっちだっけ? 小か中か。
ちいたん50円も注文。



肉っ気がなく、満腹感はいくら食べても感じなさそうな見た目です。
一応肉みそらしいのですが・・・


卓上にはニンニク、ラー油、お酢、ちいたん用の卵・追加の肉味噌などなどがありました。


混ぜ混ぜします。

感想?
うどんに出汁のない味噌を絡めて、コクなんてないので調味料をぶっかけてどうにか食すもの。   以上。
全くもって私の好みではありませんでした。

でも、せっかくグルメなので「ちいたんたん」もしました。

ちいたんたんとはじゃじゃ麺を少しだけ残した所に生卵を割って混ぜ、店員さんにお願いしてゆで汁を入れてもらい再び自分で好みの味に調整してスープのようにいただくというものです。

予想はしていましたが、麺のゆで汁入れられても出汁じゃないんだから味付きの白湯としか思えませんでした

他店だとまた違う感想になるのかもしれませんが、私の感想はそんな感じで肉味噌だけ頑張れば利益率の高い食べ物化と思いますので商売としては優秀だと思いした。


案の定、2時間後にはおなかが空いてしまいました



そして夕方、面接の手ごたえを感じたと話す息子と合流。
おい、あんたはキャラでどうにかするタイプの人間だとはわかっているが午前の英語の小論分の手ごたえわい

ま、あんたの人生だからいいよ、結果を待つしかないんだからさっ。

近県なら帰ればいいんですが、面接が遅くなったら飛行機の最終便に間に合わないので二泊の予定にしてました。
結果はギリギリで間に合わないだろうなって時間だったので無理しないで良かったなって思いました


ここに落ちたらセンター試験受けて受験って話なのですが、普通に前期とかで国立を受けれる能力では到底ないので県内のスルッと入れそうな私立に行くことになるかなってのが当初の予想でした。

その場合母はダブルワークをしなきゃいけないかなって思うくらいなんですが、かわいいかわいいわが子がもう4年自宅にいてくれるならそれもありかとも思っていました

だって、最愛の息子に会えなくなったら今のハードワークの中でよりどころをなくしてメンタルが完全に崩壊しちゃうんじゃないかって危惧しています。
幸い長男は無理すれば日帰りで会いに行けるとこにいるので、何とか気持ちを維持できるかなってか維持しなきゃとは思っています。



長くなりました、とりあえずお疲れ様ってことで盛岡での最後の食事。

商店街では結構な音量で民謡を流す郷土料理屋さんもありましたが、店内が見えなさすぎでスルー。
調べてあったお店へ行ってみました。

聞きなれないメニューもある原始炭焼 燗とさん



つきだし。 見た目は『木綿豆腐?』と思うほど固そうに見えたんですが、食べると豆の味が濃い感じのする美味しい奴でした。
売ってるなら買って帰りたいって思うほど。





奮発して白子も注文


焼きま~~~す。 当然美味しいです






ホヤ。 初めて食べたのかなぁ。生を食べた記憶はないのでやっぱ初めてかな。
貝のようなコリコリ感もないし、旨味より海の味が上まってて・・・・     今後はいただかないかな~


私はかつおのタタキが大好きなんですが、近所のスーパーの安いタタキがなぜかしょっぱくて、子供たちはそのせいかかつおのタタキが苦手でした。
でも、ちゃんとしたお店だからと注文。

ほらみて、きれいで美味しそうでしょ~。
新鮮で刺身にも近いこちらのタタキはとても美味しく、次男坊も気に入ってくれました







神頼みのため、盛岡八幡宮へ。

こちらは流鏑馬もするみたいで、駐車場に取り外しできる蓋みたいなのがずら~っと並んでて、そこを外すと土が出てきてお馬さんが走れるようでした。




だいぶ前の話なので、すでに結果は出ています。

恐らく、面接のキャラだけで選考されたとしか思えませんが、めでたく合格をいただきました。
高校の先生もマジでビックリするほどです。

その次男もあと一週間で我が家を離れます。
カウントダウンが始まってますが、仕事の悩みも多く今はまだ実感がありません。
いなくなってから、メンタルが崩壊するんでしょう。
場所もタイミングも関係なく涙が吹きこぼれそうで怖いです。

でも、自分で選んだ道だから買い物もままならないド田舎で頑張るんでしょう、彼は。




スポンサーサイト



しあわせな日② たま商店

年明け、親子三人水入らずで夕食をとる機会がありいつか連れて行きたいと思っていたたま商店さんに伺いました



つきだし~。
お野菜を浅く煮たものですね。
シンプルですが、これ美味しい
それぞれ苦手な野菜もパクパクイケちゃいます。



白レバーのオイル漬
これがトロっとしてて美味
オイル漬とありますが、レバーは加熱されているようですし、油の感じは全くないし不思議美味しい食べ物です


香り冷し茄子
間にいい塩梅のお味噌が入ってて、一人二切れでは物足りないくらい美味しかった~



刺身盛り合わせ
3人前と注文すると三切れづつあります。
たま商店のお刺身は他店とは別格!
それぞれの魚に合うようにあぶってあったり、ウニは巻いてあったり。
大根ツマではなく、ミョウガやカイワレや紫蘇などを混ぜたものが盛られています。






一口では食べれないほど大きいという理由と、美味しくてもったいないからチビチビ食べたいという貧乏根性で少しづつ少しづつありがたくいただきました。

料理好きの次男はすでに虜


ずわいがにみそ和え
最初に注文したのに中盤で運ばれてきました。
これねぇ、よくあるやっすいカニ味噌ではなくマジのカニの身がたっぷり入ってます。
950円するのもまったく納得でございます。


土鍋ごはん
のどぐろ・うなぎ・かに・ぶり から選べれます。
協議の上、のどぐろ。 ハイ、大正解。
ってか多分どれも抜群に美味しいんだと思います。
前にコースでいただいた時は桜エビでお米が見えないほど覆いつくされていました。


こんな丸い感じの土鍋でいらっしゃいます。




母は息子二人と美味しい料理でご機嫌で、飲めもしないお酒を2杯飲んで途中でしんどくなりました。
昔は数杯飲んでも顔が赤くなってドキドキするだけだったんですが、外に飲みに行くこともなくなり当然家でもほぼ飲まないので最近調子こいて飲んでみると、その時は美味しいけど数十分後に座ってるのがしんどくなって横になりたくなるんです。

幸い掘りごたつのテーブルで、間仕切りで個室っぽくなってたので横にならせていただきました。

そんな母さんは当然満腹でしたが、息子たちはこれだけ食べても・・・


牛ほほ肉の角煮withマッッシュポテトを注文。
美味しい!
とろとろの角煮にとろとろのマッシュポテト。  美味なり!!!!
でも母は「今じゃねぇ!」

さらに何か注文してた気がしましたが覚えていません。

母おすすめのお店を二人にも気に入ってもらえて、とっても満足です。


今後こうやって三人で美味しいものを食べる機会がどれだけあるかわかんないけど、県外に出るんだしたま商店さんで地元の魚と美味しいものを食べるのが恒例になるといいなって思いました

















そして、長男も一人暮らしのアパートにもどり忙しい日常に戻ってまもなく、次男に声をかけながらバタバタ料理してたらやらかしました


1~2年に一回やっちゃうんだよな~
指先を結構しっかりサクッと包丁で・・・

これは結構いったな と思ったので、あわよくばこのままくっつけ!とスーパー圧迫止血!
40分くらい一度も傷を見ずにず~~~~っと圧迫したんですが、手を離すとまだどぅわっと出血します。

普通だったら止血できてるはずなのに、おかしいなぁと傷口を見たら切ったというより、こそげ落とした感じになってて、そりゃぁ抑えても相方いないからくっつかないし、止血もうまくいかんわな~ってなってました。
絆創膏で食い止めれる感じじゃなかったので、軟膏付きガーゼを当てて久しぶりに包帯ってみました。

最後の蝶々結びは次男にやってもらいました。




みなさんも刃物の扱いには気をつけなはれや!





しあわせな日々

年末ですね。
年内最後の仕事を終え、次男とともに長男宅へダッシュ

特に用事があるわけではないですが、いつも荒れ狂ってる長男宅の掃除と時間があれば子供だけで難波とか行ってくればッて感じのフワッとした目的でした。

でもでも私は実はこの日をとっても楽しみにしてたんです。

狭いワンルームで息子二人と三人だけでま~~ったり休日を過ごす。これこそが今の私の最高の至福の時間なのであります。


一個だけ行ってみたいカンジャンケジャンのお店が梅田にあるんですが、日曜が定休日なのでいつも行けずでした。
年末ですが月曜まで滞在できるので行けたらいいなと思っていたら・・・

流石に年末なのでお休みでした


ってことでカラオケ行ってきました。
その前に腹ごしらえ。

青冥 茨木店 「チンミン」と読むそうです。
茨木駅から近く人気店のようで、数組の待ちでした。


1000円以下のランチが数種類あり、ミニ五目焼きそばorミニ炒飯がつけられるチキンバスケットランチというのが食べたいと思ってチェックしていました。

が、年末はメニューが少し制限されていて目的の1000円以下のものは注文できませんでした。



こちらは海老定食 ¥1280 ミニ五目焼きそばorミニ唐揚げが選べます。この後お盆の右上スペースに熱々の唐揚げが入ります。
スープはコーンの入った卵スープです。
エビチリはみじん切りの玉葱かな? たくさん入ってて、白いご飯によく合います。


こちらは五目焼きそば定食 ¥980  こちらのお店の五目焼きそばはあ
んかけ焼きそばの事のようです。


お肉も野菜もた~っぷりで、単品でもおなかいっぱいになりそうな量でした。
息子たちも食べるので、量が多くて良かったです。


こちらは海の幸入り丼 ¥忘れました
焼きそばは醤油味でしたが、こちらは海鮮が引き立つ塩味でとてもあっさりしてて美味しかったです。




最終日、帰る前のランチはサン マハロ 箕面小野原店さんに伺いました。

前からお洒落で行ってみたかったお店です。
入店するとお店の方のご挨拶は「アロハ~」でした


ランチメニューでデザートとドリンクが付いたものの案内をされ、初めてなのでそこから選ぶものなのかと思い、ステーキやガーリックシュリンプを食べたいと思っていたのですが、お昼はそのランチから選ぶものと思い込んでしまいました。

でも、後のお客さんを見ているとランチメニュー以外からも普通に注文されていたのでちょっと残念

ただ5周年?記念とかでドリンクは最初に注文したものならお替り自由でした。
なので三人バラバラにリリコイジュースとグァバジュースとコーヒーにしました


あ、あと飲食代の50%をお食事券でキャッシュバックされました。



ロコモコプレート
美味しかったのですが、プレートだったので食べにくそうでした。
ロコモコはボールに入れてもらってグチャグチャに混ぜて食べるものだと思ってたので。


名前忘れました。 サーモンの入ったクリームパスタ
これは、量が少ないし味もパンチがなく少々残念。
パンケーキがなかったら確実におなかに足りなかったですね。


私が注文したアヒポキ。
みんな味見しましたがこれが一番好評でした。
量もあったしマグロもたくさん入ってました



フルーツパンケーキ
一番上のパンケーキがハート形にくり抜いてあってイチゴが埋め込んでありました。


マカダミアナッツパンケーキ
これは私が興味があって注文しました。ナッツの味は濃くなくいい塩梅の甘さでした。
もうちょっとナッツがクランチ大で入ってたら食感が面白かったかもです。


パスポートを持ったことのない私は当然ハワイには行ったことがありません。
でもパンケーキが有名ってことは聞いたことがあったので楽しみにしていたんですが、パンケーキそのものは子供のころ自分たちで作ったパンケーキと同じ味だったのでちょっと残念。
でもデコレーションがとってもキラキラしてたので、満足です。


なによりなにより目の前に二人の息子がそろっているんですもの

正直それだけで母さんは胸がいっぱいです

あと五日後には現実に引き戻されますが、この幸せな二日間のおかげで頑張れそうな気がします。



ジャンクランチ

あっという間に師走でございますねぇ。
毎年毎年一年が早い。

地球温暖化の影響で一日一年が短くなってんじゃね?って思うほどでございます。


またもや最近11時間労働で、過労死の文字が頭をチラチラしています。



天下一品 岡山西川原店


ラーメン鉢が新しくなったようです。
横から撮ればわかりやすかったんですが、撮ってません

お洒落ラーメン屋の様なスリムな形になってました。
内容量は変わらないのかもしれませんが、なんか少なくなった様に思えて残念な気持ちになりました。




かつ丼 城下町 津島店

カツ丼はそんなに好きじゃないのでヒレカツカレーにしてみました🍛

味は普通です。
記憶に残っているのは、猫舌の私が一度もフーフーすることなくスッと食べられる温度のカレーでした。
でもカツ屋さんらしく、カツは熱々でした





やよい軒 ラ・ムー大安寺店

なんだっけ?
焼肉定食みたいなやつです。
卓上に切り干し大根みたいなお漬物がありました。
ライスはお代わり無料でした。
私の好きな麦ご飯もあったんですが30円UPな上におかわりなしなので、白米のままで。

悪くはないですが、このお肉の感じならもう100円安くないと二回目はないかなー。



最近11時間労働してまして、心身ともにボロボロです。

もうすぐ長男も帰ってきて、二人の息子と過ごせる時間が来ると思うことだけが今の張り合いですかね。


今年はホント~~~~に年賀状が手つかずです。

PC買い換えて、データ移行ができているか確認してないので、できてなかったら住所録まるごと手入力になるかもしれないんです。
そう思うとさらに気持ちが遠のいて先延ばしになってしまいます



大掃除・・・・・

今年の汚れは生きてるうちに・・・・     ね。



盛岡旅行記①

11月某日、初めて岩手県へ行ってきました。

北海道は行ったことがありますが、本州の最北は石川、最東は東京まででした。



子供と飛行機に乗るのは初めてです。

次男は修学旅行で海外便に乗りましたが、団体様だったので個人で搭乗するのは初めて。

受験に行くとは思えないカメラの数々。
案の定検査で引っかかり、中身を全部出して再チェックにかけられました

かくいう私も久しぶりだし、最近は一人で乗ったっきりなんで少々緊張しました。
伊丹空港は初めてだったので場所がさっぱりわかりません。



左右に2席ずつの小さめの飛行機。
隣が他人ではなく次男なので楽だし楽しい。



これまた初めてのレンタカーを空港で借りまして出発します

花巻空港は岡山と違って山の上ではなくどど~~んの平野にありますので、しばらく走っても走っても広々の世界です。
ただ、左右に見える山々がでかい!


そして、行く先にでっかいババロア型の山がそびえます。
富士山の新幹線からしか見たことがないので、初めてのサイズ感の山でした。

中腹から雪をかぶっているババロアは調べますと岩手山という山だそうで、岩手のシンボルなんだそう。

あまりの大きさに『日本ってすげぇ~~~』と知らない世界に来られたことを感動しつつ北上します。


この写真じゃわかりにくいですね。
肉眼では大きなお山がどーん、なんです。



さて、おなかも空いてきたのであらかじめリサーチしておいたお店の一軒に伺います。

国道?県道?とにかく盛岡に向かって走っていた4号線沿いにありますこちら。

いわて三陸水産組合さん。

ちょっと前までお店もちらっほらっとしかなかったのに、やっとこの辺りで見覚えのあるチェーン店がでてきたりする辺りにありました。


海産物をテーブルの七輪で焼いて食べられるお店ですが、ランチも魅力的でした。

次男は海鮮丼にしましたが、写真を撮る前に食べられました。


私は次男もこっちにしようか迷っていた うにく丼1000円
サイズ感が分かりにくい写真ですが、小さくもない普通のどんぶりサイズに1000円なのにこのウニの量
崩しながら飛べてもどの匙にもウニが混ざってきて「美味し~~~~~~



焼き牡蠣 3個  円を注文したら「牡蠣のサイズが小さいので6個でお出ししますがよろしいですか?」と言われ、小さいならやめようかとも思いましたが、三陸の牡蠣を食べる機会がほかであるかわからなかったので注文しました。

ホンマに小さかったけど、旨味がギュッと凝縮してて美味しかったですよ







帰りも寄りたいくらいでしたが、ここでお昼を食べてたら120%飛行機に乗り遅れるので、次男が合格した折に・・・






この日の翌日は雪になるかも・・・ という天気予報でした。



結果としては幸いにも雪は降らなかったんですが、街中で大きな除雪車を何台も見かけました。

この大きさの作業者が50~60km/hで走ってるのがすごかったです



私は他県に行ったら地元のスーパーに行くのが好きです。

こちらで見かけないものが当たり前に並んでいる・・・ そうゆうのを探すのが楽しいです。


お刺身コーナーではピンク色の酢だこの頭なるものがありました。

年末でもないのにイクラがいっぱいに入ったパックもありました。



翌日試験の次男は晩御飯はなんでもいいというので、リサーチしておいたジンギスカン屋さんへ

ジンギスカンといえば北海道のイメージですが、岩手の県南でもよく食べられるようでご当地グルメのようです。

食べ放題もある遠野屋さんですが、この日は満腹が目的ではないのでアラカルトで。

ジンギスカン得セット ¥2980  
肩ロース・ショルダー・マトン 7枚×3 野菜付き     肩ロースは豚でした。

タレがぐい飲みのような深めの小鉢に入ってるので、タレをたっぷり付けてごはんにワンバウンドさせる私はルンルンでした
(写真の小さい小皿はたたきのタレです)

こちらが ラム肉たたき ¥780 

珍しいので注文しましたが、思ったより加熱されてたのでカルパッチョの方にすれば良かったな~と思いました。



こちらは 冷麺 ¥750   盛岡といえば冷麺でしょう。
いわゆる焼肉屋さんの冷麺と盛岡冷麺の違いはよく知りません。
もう少し黒っぽい麺をイメージしてましたが、色は普通です。
ただ岡山の焼肉屋さんで食べるものより、麺が太くてコシが強いように思いました。
でもその麺に負けないスープの旨味でとっても美味しかったです。 酸っぱすぎなかったし。
写真にはありませんが、からみと呼ばれるカクテキのようなものを入れて辛さを足すようです。









平日だったせいかお客さんは多くなかったですが、またの機会があればぜひ伺ってほかの物も食べてみたいと思いました。

ってか、次の機会・・・





あるのかなぁ




  • Comment:2
  • Trackback:0